競馬を推理する

刑事ドラマ好きな男が競馬を考察するブログです

#マイルCS 2023 レース考察 ナミュール悲願のG1制覇!

こちらはマイルCSを復習するための記事です。

  • レース展開
  • 各馬のレース内容、勝因・敗因は何なのか

について考察しています。

 

 

何かヒントになることがあれば幸いです(^^)

 

 

G1 マイルCSを振り返る

京都競馬場 芝 1600m 外回り / 斤量:定量

レース展開

【馬場】良

【勝ち時計】1:32.5

【ペース】スロー~ミドル

  • 200m毎のラップタイム 12.5-10.5-11.3-12.2-11.7-11.6-11.5-11.2
  • ラスト600m 34.3

 

  1. バスラットレオンが先頭にこだわり、400m~600mの区間でラップが速くなった
  2. 3コーナー手前、上り坂でペースが落ちた
  3. ラスト200mのラップが速かった事を見ても、瞬発力が必要なレース展開になったことがわかる

 

▼当日の馬場傾向▼

 

各馬のレース内容考察(勝因・敗因は?)

1着 ナミュール 牝4

藤岡康騎手 56.0kg

  • 立ち上がり気味にスタート、出遅れ。後方のポジション
  • 直線までジッと我慢。進路を探しながら加速し、狭い所から進路をこじあけると鋭い伸びを見せた

 

1頭だけ伸びが違った。今日の流れでは完勝だった。

 

メモ)

馬具:メンコ

  • パドック。引き手2人

 

2着 ソウルラッシュ 牡5

モレイラ騎手 58.0kg

  • 中団後方のポジション
  • 直線、反応よく加速、やや不利な内目のコースを通りながらも良い脚

 

内枠と勝ち馬の瞬発力に負けた。

 

メモ)

馬具:ブリンカー、リング系ハミ

  • 返し馬。一度内ラチ沿いまで歩かせた
  • パドック。力強く柔軟な動き、状態良さげ〇

 

3着 ジャスティンカフェ 牡5

坂井騎手 58.0kg

  • 中団後方のポジション
  • 折り合ってはいたようだが、やや力みのある走り
  • 直線、進路を探しながら加速し良い伸びだったが、最後は追い切りの時と同じように首を使い切れていない感じに見えた

 

メモ)

馬具:シャドウロール

  • 返し馬。一度外ラチ沿いを歩かせた
  • パドック。速歩になる場面があった
  • 最終追い切り。
    • ダービー卿CT以降、しっかり首を使った走りではなくなったように感じる。全力で走らせていないだけかもしれないが
    • 簡単には併せに行かず、馬の闘争心をかきたてた?
    • 前走(毎日王冠)時の敗因は追い切りの内容が軽かったからかもしれない。約4か月ぶりのレースで。

 

4着 エルトンバローズ 牡3

西村淳騎手 57.0kg

  • 周りを見ながら、軽く促して中団前方のポジション
  • 4コーナーから直線にかけて加速にもたついたが、最後までジリジリ伸びていた

 

瞬発力勝負になり分が悪かったように思う。

 

メモ)

馬具:リング系ハミ

  • パドック。現時点として状態は良さげだが、3歳馬らしくまだ成長する余地が残っている感じがする

 

5着 ダノンザキッド 牡5

北村友騎手 58.0kg

  • 出負け。後方のポジション
  • 直線、反応よく加速しこの馬なりに良い脚は使った

 

騎手

ゲートでシュネルマイスターが立ち上がった時、自分の馬もガタガタしたことろがあって、ヒヤッとしました

体つきには余裕がありそうでしたし、使って良くなると思います

 

メモ)

馬具:リング系ハミ、メンコ

  • パドック。引き手2人。後肢の踏み込みが力強く、かつ可動域も広く、体の動きに柔軟性もあり状態は良さげ〇

 

6着 イルーシヴパンサー 牡5

岩田望騎手 58.0kg

  • いいスタートを切ったが、外枠なのもあってか一旦下げて中団後方のポジション
  • 3コーナーあたりからやや促しながらの追走に
  • 直線、じわじわと加速し、ジワジワ差してきた

 

メモ)

馬具:クロス鼻革

  • パドック。後肢の踏み込み始めの所が滑らかになればもっといいが、動きは力強く柔軟で状態自体は良さげ
  • 最終追い切り。
    • いつもより全体時計が4,5秒遅いのに、終いの動きはいつも通り。良くは見えない
    • 京都金杯時に見られたキレは見られないが年齢的なものか

 

7着 シュネルマイスター 牡5

ルメール騎手 58.0kg

  • ゲートに入り何度か立ち上がる場面出遅れ。前に入られたこともあり後方のポジション
  • 3コーナー、一つポジションを上げた
  • 直線じわじわ差してきた

 

騎手

ゲートの中ですごくエキサイトして、立ち上がってしまいました

最終コーナーで滑って、手応えが悪くなりました

 

メモ)

  • パドック。力強く柔軟な動き、状態は良さげ〇

 

8着 セリフォス 牡4

川田騎手 58.0kg

  • 好位のポジション
  • 最初から前進気勢が強く、3コーナー手前でソーヴァリアントと併せ馬になった所で力みだした。4コーナーでは収まった
  • 3・4コーナー、コーナリングで少し外に膨らんでいた。少し外を回った
  • 直線、伸びてきたが残り200mぐらいで勢いが鈍った

 

メモ)

馬具:リング系ハミ、メンコ

 

9着 レッドモンレーヴ 牡4

横山和騎手 58.0kg

  • 中団後方のポジション
  • コーナー、やや外を回った
  • 4コーナーから直線にかけ加速にもたついたが、ジリジリ伸びた

 

騎手「直線で勝ち馬に寄られる場面もありましたが、ヒルまずに頑張ってくれたのは気性面の成長もあると思います

 

メモ)

馬具:リング系ハミ

  • パドック。若干のんびりした歩き

 

10着 エエヤン 牡3

M.デムーロ騎手 57.0kg

  • スタート速く、好位のポジション
  • 終始力んでいた
  • 直線伸びが悪い。不利なインコースを通った

 

メモ)

馬具:リング系ハミ

  • 返し馬。一度内ラチ沿いまで歩かせた
  • パドック。引き手2人

 

11着 ビーアストニッシド 牡4

和田竜騎手 58.0kg

  • 中団のポジション
  • 直線伸びがない

 

メモ)

馬具:リング系ハミ、メンコ

 

12着 ソーヴァリアント 牡5

池添騎手 58.0kg

  • スタートでかなり左にヨレ、その後少し躓いた。促して前のポジションへ
  • 4コーナー、早めにスパート
  • 直線半ばで脱落

 

騎手スタートして3、4歩目で2回もつまずいて、態勢を立て直すのに力を使いました

 

メモ)

馬具:リング系ハミ、メンコ。前走着けたチークピーシーズ(左だけ)は外した

  • パドック。引き手2人。体の動きは良いが、少し集中力に欠ける感じに見えた

 

13着 ダノンスコーピオン 牡4

団野騎手 58.0kg

  • スタートあまり速くない。促して中団前方のポジション
  • 4コーナーで手応えがあまり良くなく、直線も伸び悪い

 

騎手「止めるところが最近あると聞いていた通り、直線に入って気を抜き始めました

 

メモ)

馬具:特殊な形のハミ(角ばった環状の)

  • 返し馬。一度内ラチ沿いまで歩かせた

 

14着 マテンロウオリオン 牡4

横山典騎手 58.0kg

  • 促して前のポジションへ
  • 直線、加速して一瞬脚は使ったが、半ばで勢いが鈍った。不利なインコースを走った

 

メモ)

馬具:チークピーシーズ。こめかみ?の辺りにも

 

15着 バスラットレオン 牡5

鮫島駿騎手 58.0kg

  • ゲート内で昂り出負け。促して前へ。一呼吸置き、促して先頭へ。先頭にこだわった
  • 4コーナー、残り600mぐらいからスパートしだしたが、手応えはあまり良くなさそう
  • 直線半ばで脱落

 

メモ)

  • パドック。力強く動きはいいが、パワーがある馬体で1600mよりも短い距離に適性がある馬に見える

 

16着 セルバーグ 牡4

松山騎手 58.0kg

  • 促して前のポジションへ
  • バスラットレオンが先頭に立った時に、促してついていった。3コーナーで横にピッタリと並びプレッシャーをかけに
  • 直線伸びがない

 

メモ)

馬具:舌縛り、リング系ハミ?、メンコ

  • パドック。パシュファイヤー着用。速歩で頭を上げ下げする場面、気持ちが昂っていそう

 

 

 

 

 

参考サイト:

・【マイルCSレース後コメント】ナミュール藤岡康太騎手ら | 競馬ニュース - netkeiba.com

・【マイルCS】レースを終えて…関係者談話 - サンスポZBAT!

 

▼詳しい情報はJRAのHPをご覧ください。